キミエホワイトプラス 半額セール!

30代女性におすすめのキミエホワイトプラスが半額キャンペーン中!

キミエホワイトとハイチオールCを比較!どっちが効果あり?

      2016/06/12


30代のシミやソバカスに強い味方のキミエホワイト。似たような効果のあるハイチオールCと成分を比較してみました。キミエホワイトとハイチオールCで入っている成分と入っていない成分の違いをチェックしてみましょう。

キミエホワイトとハイチールCの比較!

成分 キミエホワイト ハイチオールCプラス 作用や効果
L-システイン 代謝を整える。湿疹、ニキビなど。
ビタミンC(アスコルピン酸) メラニン色素を抑える。シミ、ソバカスなど。
ビタミンB(ニコチン酸アミド) × 血行を改善し皮膚を正常に保つ。湿疹、口内炎、皮膚炎など。
ビタミンB2(リボフラピン) × 皮膚を正常に保つ
パンテント酸カルシウム × 皮膚を正常に保つ。湿疹など。

比較の通り、有効成分の種類はキミエホワイトの方が勝っています。しかしパッケージを見るとハイチールCは「湿疹」にも効果があると書かれていますがキミエホワイトには書かれていません。効果効能に関しては不思議なことにハイチオールCのほうが多く書かれているんです。

表示しても良い効果効能は、公的機関に申請して認められたものだけになります。キミエホワイトは「シミとソバカス」だけに的を絞っているため他の効能は申請していないのではないかと思います。

ちなみにお値段はハイチオールCプラス(L-システイン配合)が4410円、キミエホワイトが3800円です。キミエホワイトは現在半額キャンペーンが開催されています。

成分が近いからどっちでもOK!

kimie00
有効成分の多さではキミエホワイトですが、メインとなる「L-システイン」「ビタミンC」はキミエホワイト、ハイチオールC共に同じ分量が入っています。どちらもシミとソバカスに予防や改善に効果があると思います。強いて言えば手に入りやすいのは薬局などでも売ってるハイチオールCでしょうか。

ちなみに、今ならキミエホワイトが初回半額のキャンペーンを開催しています。どちらでも一定の効果があると思いますがまずはキミエホワイトの公式サイトを覗いてみてください。


キミエホワイトの初回半額セールはこちら!




 - kimiewhite